導入事例

###

GEAR4はStarLeafによって
プロダクトの市場投入までの時間を25%短縮しました。

今日のグローバル経済において製品をつくるにあたって、全てのプレイヤーに共通する数多くの挑戦があります。なかでも重要なのは、設計、開発、生産。流通の各チームが多くの場合大陸を跨いで分散されていることです。分散した専門的技術・機能の配置では、プロジェクトがクリティカルパスを維持するために定期的なフェイス・トゥー・フェイスのミーティングを必要とします。しかし、各地に分散しているチームを招集することは、製品の市場投入までの時間を遅らせるだけでなく出張による貴重な時間の浪費が生じ、開発コスト全体へ数十万〜数百万ドルものコストが上積みされます。

そこで、プロジェクトを円滑に進めるためのより良い方法があります。ビデオ通話・会議は、より良いチームコミュニケーションのための技術的な解決策です。ビデオ通話・会議は、コストを削減し、市場投入までの時間を短縮させることが証明されています。この主張を実証する好事例がGEAR4によるStarLeafテレプレゼンスソリューション活用ケースです。

GEAR4は、好んで自身をSGBM(Small Global Manufacturing Business、小規模グローバル製造業)と表現しています。同社は、iPod、スマートフォン、タブレット用の機能的でファンキーなアクセサリーを開発しています。同社の製品には、大衆市場向けのスピーカーやヘッドフォン、ケースなどがあり、トレンド発信者の好みを捉えて、品質と機能性を実現させています。ビジネスの性質上、GEAR4の成功は優れたデザインと製品の市場投入の速さに依存しています。GEAR4は比較的小規模な組織ですが、世界展開をしており、同社Webサイトから小売業者や流通業者に直接販売をし、ヨーロッパやアメリカ、アジアにある倉庫から出荷しています。誰もが知る「Angry Birds」の商品ラインは、世界中の良質な量販店の棚に陳列されています!

###

「市場にサービスを提供するためには24時間365日稼働しなければなりません。そのためには、最良の通信技術が必要です」と、GEAR4社CEOのトム・ダドリッジは述べています。「ビデオが我々のスピードアップに役立つかもしれないと知り、Skypeを試してみました。初期の試用で明らかになったことは、ビデオはスピードアップに一役買う可能性があるものの、目的に合ったものを導入する必要であるということでした。我々はすべてのソリューションを現実世界であるかのように再現するべく導入しました。それらはコンテンツを表示している間でもお互いをクリアに見ることを実現しました。技術進化に応じて設計を見直すことが不可欠です。なぜなら、発見されていない小さな欠陥があれば、我々のビジネスにとって想像以上の損失をもたらす可能性があるからです。そのため、我々が選ぶソリューションは使いやすいものでなければならず、バックグラウンドに溶け込んで、技術にではなく、ディスカッションやデザインの詳細、お互いに集中することができるものが必要でした。信頼性が高く、手頃な価格で、エキスパートリソースをほとんど必要とせずにセットアップできるビジネス品質のビデオソリューションを欲していたのです。StarLeafテレプレゼンスはそれらすべてを満たすものだったのです。」

GEAR4では、StarLeafのビデオ通話・会議は極端なプレッシャーの時に本領を発揮します。他の製造業とは異なり、GEAR4のチームは、新しいタブレットや携帯電話が市場に出たときに猛烈に活動します。「私たちのビジネスの現実は、新製品[電話機やタブレット]が手に入るようになるまさにそのときまで闇の中にとどまるというものです。その時点で、チーフ・デザイン・オフィサー(CDO)、製品、流通および生産チームをすぐに結集させる必要があります。我々には無駄にできる時間はありません。デザインを形作られてプロトタイプが完成するまで、一緒に作業し続ける必要があるのです。」

GEAR4のチームがすべて同じ場所にいれば、これは簡単なことです!しかし、CDOはサンフランシスコに、コア開発者はイギリスにいて、生産・流通拠点は中国にあります。言うまでもなく、GEAR4のセールスチームと役員は同様に分散して所在しています。彼らは開発ミーティングの後半に呼ばれることがよくあります。

###

StarLeafの真価が問われるテストは、2012年9月のAppleによるiPhone 5の発表のときに訪れました。Appleが一般公開されるとすぐに、GEAR4はさまざまなStarLeafシステムを使用してビデオでメンバーを集めました。根気強く作業を続け、ビデオを活用してデザインを共有・レビューしました。そして、iPhone5のアクセサリー製品のラインナップを開発し、記録的短時間の内に生産に入ることができました。

「製品の市場投入が早ければ早いほど、我々は早く利益をあげることができます。また、iPhone 5の場合、StarLeafを日常のコミュニケーションに使用することで、数週間を節約でき、生産プロセスを通じてデザイン全体にかけた時間の25%を削減することができました。」

「まさにStarLeafは、ハイプレッシャーの時期に本領を発揮しました。我々がプロセス上で動いているすべてのパーツの上にとどまることを容易にしたのです。StarLeafの使用は本当に直感的で、ここにいるすべての人があっという間にビデオに夢中になりました。そして例外なく、我々全員がStarLeafのユニークな機能を利用しました。例えば、プレゼンスとスピードダイヤル機能のような単純なものや、ポイントツーポイントのビデオ通話から多人数のミーティングに簡単に行くことができる機能であり、すべての体験がシームレスに実現しました。しかし、今では我々の使用場面は、主要な製品の発売のためのコーディネーションを超えています。コミュニケーションの方法として重宝しており、定期的な経営会議や役員会議のすべてをビデオで行っています。これは決定サイクルを変革させ、コストの削減に一役買っています。」

「さらに、運用に際してトレーニングを必要とせず、StarLeafがハードウェアとソフトウェアエンドポイントをすべてクラウドから管理しています。そのため、社内のITリソースを無駄にすることのなく、ITフリーでセキュアなビジネス品質のビデオソリューションを利用できています。プラグアンドプレイのセットアップは、StarLeafを世界のどこにでも展開できることを意味し、我々はそれがうまくいくことを確信しています」とトム・ダドリッジ氏は話してくださいました。

今日では、GEAR4はStarLeafをデスクトップやミーティングルームで、また各人がBreezeソフトウェアを使用して接続を維持して移動中にも利用しています。GEAR4の役員は、StarLeafビデオは分散したチームを24時間365日で結ぶ能力を提供して競争上の優位性を実現すると信じています。標準ベースのソリューションであるため、GEAR4はサプライチェーン上の他メーカーのビデオ機器を使用しているすべてのパートナーにコールすることができます。

GEAR4は市場からの要求に常にさらされていますが、ビデオの活用によってより機敏反応でき、他社の少し先を走ることができています。